読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漂流人間とクリスマスブログ

注※ネタバレ、ガールズラブやボーイズラブ要素を多分に含む自己満足中二病ブログです。

貞子vs伽椰子

※オチについても書いてます

 

初日が土曜日なのに仕事があって悲しかったのですが急いで映画館に行き、MX4Dで見ることができました。

贅沢をして特急電車にのったら旅行気分で楽しかったです。
 
予告の時点でワクワク感満載で先日のニコ生でコワすぎ!とのコラボでたくさん笑った。コワすぎの皆さんはその後どうなったんだろう。

 

 
さだかや、あらすじは呪いのビデオを見ちゃった女子大生・有里と呪いの家の近所に引っ越してきた女子高生・鈴花がそれぞれ貞子と伽椰子に苦しめられていて霊能力者の常盤経蔵とその相棒の珠緒が2つの呪いをぶつけて両方の呪いを消滅させよう!という非常にぶっとんだ発想で貞子vs伽椰子の夢の対決が実現する運びとなるお話。
 
百合オタク的には人間側と幽霊側それぞれに百合が発生しており同時多発百合で美味しい。
貞子と伽椰子、どちらも可愛いんですよね。人間離れしたモーション、伽椰子に至ってはパワー系幽霊(のくせに幻術も使えるから恐ろしい)人間離れした力技の恐怖よ
不気味な動きで人間をねじ伏せていく。
2人とも人間と比べると圧倒的に強くてこれは太刀打ちできませんな…どうすれば…と思ったところで霊能力者コンビ経蔵と珠緒が現れます。この2人が現れるまでだいぶ人間が死んでて、貞子側の主人公の有里ちゃんなんか貞子のビデオ見ちゃってるもんだから2日後に死ぬ運命で切羽詰まった状況。
呪いのビデオにしても呪いの家にしても見るからにやばいから関わろうとするなよな〜と客観的には思うわけなのですが、実際好奇心と霊的パワーで引き寄せられてしまうのだろうな。
私も自分が買ったビデオデッキにテープが入ってたら見ちゃうだろうな〜今後ビデオデッキを買うことはないと思うけど…呪いの家は見た目からして怖すぎるので近所に住みたくない。引越し前の下調べは大事ですね。
 
霊能力者の経蔵は土足で神社の社務所に乗り込み貞子からの無言電話がかかってきた固定電話の電話線を切り踏み潰すアグレッシブさを初手で見せつける。かっこいい。
相棒の盲目少女珠緒ちゃんも白杖を器用に操りながらやはり土足で乗り込む。
どう見ても不審で異色な2人に「あっ強そう」と感じさせるカリスマオーラありけり。
白石作品の強いキャラクターは登場した瞬間に場を圧倒させるから好き。
 
色々あって貞子と伽椰子をぶつけて倒すぞー!なるわけですがぶつけて倒すってそもそも可能な話なの?大丈夫なの?って感じだけど経蔵強いし説得力あるから大丈夫かな?と思った。
しかし2人の怨霊は強かった。想像を絶していた。経蔵も短期間ではあるがかなり練りに練った計画だったと思われる「バケモンにはバケモンをぶつけんだよ作戦」は2人の怨霊が共鳴し合い、フュージョンからの超パワーアップ。なんだかもうよくわからない怨霊の塊みたいな物体になったあと、有里ちゃんを媒介としてサダカヤが誕生。2人が「ユリ」を依代に「サダカヤ」になるってそれもう完全に百合…