漂流人間とクリスマス

注※ネタバレ、ガールズラブやボーイズラブ要素を多分に含む自己満足中二病ブログです。

ドラマ「獣になれない私たち」2話感想

f:id:midokuro:20181021174324j:plain

感想を測量野帳に記入している

こんにちは最近寒いね。

 
晶……一生懸命で応援したいよ晶
サングラスが好きなので晶のサングラス姿にときめいた。
逃げ恥見ていたとき、みくり……みくりーッッッという状態になっていたが私は今回も晶!晶!という状態になっている。ガッキーが頑張っている絵面に弱いらしい。
晶は頑張って強い恰好をしたのに(頑張って強くなるって本当に愛しいですね応援したさしかない)職場の方々にはグレた中学生だの昭和だの言われてしまう……あのパソコンの画面からみんなの噂話がぐにょーんって飛び出してくる描写急に勢いあって面白かったです。
恒星にも「誰かをwwwwwすごくwwww好きにwwwwなりた~~~~いwwwwwwww」とクソ雑物まねで煽られる始末。晶!俺と二人で恒星と朱里の眼鏡をぶつけて絶対にかち割ってやろうな。
恒星の二の腕を三郎が揉んでた。柔らかいのだろうか。
 
呉羽いわく恋に落ちると鐘の音がするらしい。一目惚れってそういう感覚なのか~
恋の概念や感じ方は人それぞれだな~
 
上野が出勤もせずちんまり体育座りをしておりモエキャラになっていた。
働かないって萌え要素なんだよな……
しかし同僚とはいえ自室で2人きりてやだなぁ~~~気まずい
家に来る方もあげる方もいやだしそのうえ上野は「好きになってもいいですか」とか言い出す始末。「深海さんは僕の女神」ってお前。通報されるぞ。
 
もはや過去と化した晶と京谷の恋回想、キスシーンの引きからアップになる場面ドドンッて効果音付きそうな迫力がありけり。京谷と朱里の曖昧な状態がいつまで続くのか。
花井母の「世の中には人の涙で自分の涙を止めようとする人がいます」発言で花井母は晶に言わないだけで色々とつらい思いしてきてるんだろうな~と思った。おしゃべり連絡マンな花井母だけど苦労話や愚痴は言ってこないところにとても好感ある。
 
2人で鐘の音を聞きに行く晶と恒星、今週恒星は仕事の場面で出てきていたので1話に比べて出番少なかった。晶と恒星はクラフトビールバー以外でも結構交流してる。ああいう行きつけの店での知り合いてお店の外では交流ない人が多いだろうから晶と恒星は常連客仲間からお友達に昇格しているな~と思う。お互いそう認識していなさそうなところも良き。
鐘の音聞きにいったときの恒星の恰好かわいかったな~高そうだったが。上下ネイビーで首つまっているジャケットと靴はベージュ系仕事着よりゆるいシンプルおしゃれ(説明雑)
 
鐘の音は聞こえず呉羽さんには「2人ともバカだねぇ」と笑われる。でも呉羽さんおばかな2人を見てとても楽しそうだ。常連客仲間の晶・恒星・呉羽は歯に衣着せぬ物言いでいいな。晶のストレスが減りますように。