漂流人間とクリスマス

基本見当違いです。

『コリアタウン殺人事件』と『呪怨:呪いの家』を観ました。

す(挨拶)桃井です。

インターネットで話題になっていた2作品を観ました。

以下、ネタバレです。

 

 

コリアタウン殺人事件

モキュメンタリー作品です。

モキュメンタリーと知らなければドキュメンタリーだと思ってしまいそうな作品でした。

あらすじは、主人公おじさんの自宅付近で妻が夫を殺害する事件が発生し、何故か犯行現場から離れた場所で妻が逮捕されていたり妻の証言で第三者の話が出てきたり……「この事件なんか怪しくね?」と思い、主人公は真相を追うドキュメンタリーの撮影を始める流れです。

主人公にはドキュメンタリー撮影に意欲的に取り組むのですが、映画が好きとか作品制作が趣味とかではなく、「無職で仕事も採用されないし暇だしやるか~♪」みたいな軽いノリで始まります。なので、序盤は単調な無職の徘徊です。ここからだんだん真相に近づいていく……わけではなく、次第に思考がコントロールできなくなり、ホームレスのおじさんとの雑な会話を信じて(主人公おじの妄想?を共有するホームレスおじの登場によって現実と虚構の境界が非常に曖昧になる)この事件はやばい!街中で布教活動をしている牧師おじさんは自分を狙っているやばい!とおじさんがおじさんに怯えまくるお話でした。

主人公おじさんと同様に私も思考のコントロールができないので、モキュメンタリーを観る自動的に白石晃士作品について考えてしまうのでした。リアルなグダりは白石作品と近いものを感じました。

インターネット上の情報が用意されている点(スレ立てなど)はSIRENを思い出しました。SIRENはゲーム上に登場する人物のネットの書き込みやらホームページやらが存在しています。準備大変そう。

最終的に主人公は行方不明になるので、製作者が不明になってんのコワ!となりました。

私が好きな場面は主人公が妄想に憑りつかれたうえに不法侵入かます等ドン引き行為を繰り返したため、主人公の恋人が家出してしまうが、相変わらず「事件に恋人も奪われてたんですけど!?やばい!」と己の異常性に無自覚な主人公の元に、恋人の知人が事情を伺いに現れます。が、ドアスコープごしに恋人の知人を追い払うところです。

ドアスコープが日本によくある魚眼で見えるものでなく、ドアに小さな覗き窓が開いていて、パカリと開けるもので、薄暗い部屋の小さな覗き窓から外の光差し込む様が、ここでその光縋ればまだ恋人と復縁できるのではと儚い希望を私に抱かせたのですが、主人公は結局自分の考えしか信じられないのでした。私もそうありたいです。

 

呪怨:呪いの家

私は呪怨にわかなのですが、呪怨の「呪怨っぽさ」は

・伽椰子の怨嗟の強さにより呪われた家の効力がすごい

・伽椰子が階段をネッチョリ降りてくる

・伽椰子のア……アア……

・俊雄くんがかわいい

・黒猫がかわいい

・伽椰子は怖い

 

上記の要素だと思っていたのですが、今作は従来の呪怨とは少々異なり

・伽椰子の怨嗟の強さにより呪われた家の効力がすごい

  呪いの家の効力は相変わらずすごいのですが、家に訪れた人が狂暴化したり、病んだりする要素が強くて原因はもちろん伽椰子なのですが、伽椰子よりも伽椰子によって暴走する人間の方が怖かったです。元凶の伽椰子の怖さを超えてくる人間何なんだ。

・伽椰子が階段をネッチョリ降りてくる

 伽椰子の階段降りはありませんでした……残念階段降り期待されるのってMステのミュージシャンと宝塚のスターと呪怨の伽椰子くらいなので、三大階段降り期待人(故人)の伽椰子が降りてくれないは悲しかったです。家の構造的に階段が目立ったので、絶対階段降りあるジャン♡と期待した結果、全然関係ないおじさんが首吊りをして糞尿垂れ流しを行っていました。「神聖な階段が糞尿でシミができていて聖地を穢すな💢」と私は激怒した。

・伽椰子のア……アア……

 ア……アア……はなく、伽椰子が何かを訴えてるけど、いまいち聞き取れないという設定でした。従来の伽椰子は喉を掻っ切られてうまく話せなかったのですが、今回の伽椰子は胸を一突きされていたので、ア……アア……はないのは納得でした。代わりの別の女性が喉を掻っ切られていました。使わなかった設定を他で補っていく……

・俊雄くんがかわいい

  俊雄くんは胎児として登場したため、全身真っ白ブリーフではありませんでした胎児なのに生まれてすぐにハイハイしたり弁当食べたり伽椰子のアグレッシヴさががっつり遺伝してるのかわいい。

・黒猫がかわいい

  黒猫ちゃんは安定の可愛さでした。

・伽椰子は怖い

  霊体でも美人で登場すること多し。伽椰子が怖くないのでびっくり要素は少なめ。繰り返しになりますが、狂った人間が怖かったです。

 

私はホラーにエログロ要素は求めない派です(ふんわりとした感想)

 

MOGU もぐっち み~たん ブラック 834775

MOGU もぐっち み~たん ブラック 834775

  • メディア: ホーム&キッチン